FXトラリピ

【ユーロ/米ドル】トラリピで65万円の損切りを行いました。【豪ドル/米ドル】

アイキャッチ

どうもこんにちは!おすし(@osushiyo_osushi)です。

前回のトライオートFXの損切り「【ポンド/米ドル】トライオートFXの含み損86万円を損切りしました!」に引き続き、トラリピ口座も損切りを行いました。

その額は合計で65万円

痛い損切りとなりましたが、その理由と内容について紹介します。

トラリピ損切りの概要

今回損切りをした通貨ペアは「ユーロ/米ドル(EUR/USD)」と「豪ドル/米ドル(AUD/USD)」です。

ユーロ/米ドルの損切り額が24万円。豪ドル/米ドルの損切り額が41万円です。

合計65万円の損切りになりました。

損切り額(合計65万円)

  • ユーロ/米ドル 24万円
  • 豪ドル/米ドル 41万円

下の画像が損切り前後の口座の状況です。

損切り前

損切り前口座状況

損切り後

損切り後口座状況

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、「受渡前損益」のところが0円から-644,226円になっています。

結構がっつり減っていますね。損切り前は口座内に431万円あったのですが、損切りして367万円になる見込みです。

トラリピを損切りをした理由は?

トラリピで損切りを行った理由は前回のトライオートFXと同じ理由なのですが、ポジション整理を目的として損切りを行いました。

今回損切りしたポジションは、私が初めてトラリピ注文を稼働させた時のポジションです。

注文幅を狭くしていたことでポジションが増えすぎ、口座の中の資金を圧迫していました。新しくトラリピを追加する時に発注制限が掛かりそうだったので、潔く損切りを行いました。

当時の注文内容は記録に残っていませんが、注文幅は20pipsおきで利益が約1000円になる設定です。

注文幅20pipsというのが狭過ぎたようで含み損を大きくする結果になりました。

そして一番の理由はスワップのマイナスを減らしたかったことです。

ユーロ/米ドルも豪ドル/米ドルも買いポジションでトラリピを発注していたので、スワップは支払う側になります。

トラリピスワップカレンダー

スワップカレンダー

上から三番目がユーロ/米ドルの通貨ペアで、買いポジションの場合1日当たり-69円のスワップポイントを支払うことになります。1千通貨で計算すると10分の1なので6.9円の支払いですね。

また、一番下が豪ドル/米ドルで、買いポジションの場合スワップは-34円です。1千通貨あたり3.4円の支払いになります。

トラリピ買いポジションのスワップポイント(6月時点)

  • ユーロ/米ドル -6.9円
  • 豪ドル/米ドル -3.4円

※1千通貨の場合

今回損切りしたポジションはおそらく数年は決済されないような感じだったので、このままスワップを支払いながら含み損が溜まり続けるのはもったいないと思い、損切りすることに決めました。

損切り前のトラリピ設定内容

損切り前に発注していたトラリピの内容を表にしてみました。

EUR/USD AUD/USD
トラリピ方向 買い 買い
通貨単位 1,000通貨 1,000通貨
レンジ 1.1~1.3 0.6~0.8
注文幅(トラップ幅) 20pips 20pips
利益幅 100pips 100pips
含み損 24万円 41万円

一番問題だったのは注文幅が狭すぎたということです。

注文幅を狭めると必然的にポジションの量も増えてしまいます。当初は利益優先で設定したこともあり、ちょっと攻め過ぎたというのが今となっては悔やまれます。

現在は余裕を持って運用するために、ユーロ/米ドル・豪ドル/米ドル共に注文幅を50pipsに変更して運用しています。

現在の設定注文幅

  • 注文幅 20pips → 50pips に変更
あわせて読みたい
アイキャッチ
【2019年度版】トラリピの注文設定内容を公開どうもこんにちは! 今回新たにトラリピの注文設定内容を変更したので公開します。 以前にも公開をしていましたが、2019年1月...

トラリピを損切りして思うこと

心理的に楽になりました。笑

日々溜まる支払いスワップや積み上がる含み損にモヤモヤしていましたが、そんな負担は払拭されました。

今回損切りをして口座の残高は431万円から367万円に減りましたが、元々投資した金額は300万円なので投資金自体には痛手はありません。積み上げた利益の一部を減らしたという結果です。

利益の一部が減ったという考え方をするとそこまで心理的に負担はありませんでした。

長期投資をするのならスワップ損益も注意すべきポイントですね。収益には売買益が大きな影響を与えますが、心理的な日々のモチベーションにはスワップポイントも影響を与えてきます。

昔から保有しているポジションはまだあるのでどこかのタイミングでまた損切りを行うかもしれませんが、それはまたの機会で。

発生する含み損を早見表で確認できるような記事を作成しています。良ければ活用してください。

あわせて読みたい
FX自動売買 含み損計算早見表
【含み損計算早見表】FX自動売買の含み損を簡単に把握しよう。どうもこんにちは!おすし(@osushiyo_osushi)です。 FX自動売買には含み損がつきものですね。運用にあたり重要になっ...

私がおすすめするFX自動売買はこちらの記事を参考にどうぞ。

あわせて読みたい
アイキャッチ
【実際に利用してみた】初心者にもおすすめのFX自動売買ランキング私は2015年からFXの自動売買を運用しているのですが、この記事を書いている時点で約4年が経ちました。 この4年間の間でいろんなF...

それではグッドラック