FXトラリピ

【FX自動売買】ドル円の最適な利幅設定とは?(買いポジションの場合)

ドル円の最適な利幅設定

どうもこんにちは!おすし(@osushiyo_osushi)です。

今回はリピート系FX(自動売買FX)の最もお得となる利幅設定について検証してみました。

利幅は大きいほうが良いのか?小さいほうが良いのか

「利幅は大きいほうが最適なのか?小さいほうが最適なのか??・・・」

リピート系FXをやっている人の永遠のテーマですね。

  • 「利幅が大きいと1回あたりの利益は大きい。ただし、約定する頻度が少ない。」
  • 「利幅が小さいと1回あたりの利益は小さい。ただし、約定する頻度が多い。」

という特徴があります。

精神的には頻繁に利益が決済されるほど嬉しいので利幅は小さくしがちですが、本当に利幅が小さいほうがお得なのか?損をしているのではないのか??と気になってきました。

ということなのでシミュレーターを使って検証をしてみます。

検証する通貨ペア・レンジ・トラップ幅・利幅

検証する通貨はドル円です。慣れ親しんだメジャーな通貨ですね。

検証期間は直近の12ヶ月とし、105~115円をレンジとします。

ドル/円 日足チャート(直近1年間ドル円 日足 1年チャート

トラップ幅は50pipsです。気になる利幅は30~300pipsまで10pips刻みで検証します。

全て買いポジションでの検証です。

設定項目 設定値
通貨ペア ドル/円
レンジ帯 105~115円
トラップ幅 50pips
検証期間 直近12ヶ月
利幅 30~300pipsの10pipsおきに検証

今回検証のために利用するシミュレーターはインヴァスト証券の「仕掛けシミュレーター」です。会員登録することなく利用できるおすすめのシミュレーターです。

シミュレーション画面

検証結果は?

早速ですが結論です。

決済損益で最も利益のでる利幅は250pips、スワップポイントで最も利益がでる利幅は300pips、トータルで最も利益がでる利幅は260pipsとなりました。

利幅検証結果

  1. 決済損益 250pips
  2. スワップ 300pips
  3. 実現損益 260pips

結果の一覧はこちらの表↓のとおりです。

利幅 決済損益 スワップ 実現損益
30pips 37,500円 13,460円 50,960円
40pips 42,000円 13,630円 55,630円
50pips 42,500円 13,940円 56,440円
60pips 43,200円 14,184円 57,384円
70pips 43,400円 14,616円 58,016円
80pips 43,200円 14,736円 57,936円
90pips 41,400円 14,982円 56,382円
100pips 44,000円 15,285円 59,285円
110pips 45,100円 15,583円 60,683円
120pips 43,200円 15,996円 59,196円
130pips 45,500円 16,128円 61,628円
140pips 44,800円 16,353円 61,153円
150pips 46,500円 16,654円 63,154円
160pips 46,400円 17,085円 63,485円
170pips 45,900円 17,408円 63,308円
180pips 48,600円 17,573円 66,173円
190pips 49,400円 17,780円 67,180円
200pips 52,000円 17,941円 69,941円
利幅 決済損益 スワップ 実現損益
210pips 50,400円 18,393円 68,793円
220pips 48,400円 18,930円 67,330円
230pips 50,600円 18,952円 69,552円
240pips 50,400円 19,160円 69,560円
250pips 52,500円 19,281円 71,781円
260pips 52,000円 19,887円 71,887円
270pips 48,600円 20,498円 69,098円
280pips 50,400円 20,520円 70,920円
290pips 49,300円 20,645円 69,945円
300pips 51,000円 20,760円 71,760円

リピート系FXでは決済利幅を100pips以下にしがちですが、意外にも250pipsが一番決済利益が出る結果となりました。とはいえ、利幅が大きいと決済頻度が少なくなるので、自動売買を運用する側としてはモチベーションが下がります。この辺りはバランスが重要ですね。

また、スワップは利幅を最大とした300pipsが一番の結果になりました。利幅が大きいほうが決済されずに長くポジションを持つので、当たり前と言えば当たり前の結果ですね。

買いのポジションの時はスワップは受け取る側なので良いですが、売りのポジションの時は支払う側になります。同様に売りポジションで検証すればまた違った結果になるのではと思います。

時間のある時に別記事で紹介していきます。

今回の検証は直近1年間の結果であり、月足での大きなトレンドや価格の変動幅が大きくなるとまた違った結果になったのかもしれません。

その他のシミュレーション結果はこちらのまとめ記事をどうぞ。

あわせて読みたい
シミュレーション結果_アイキャッチ
FX自動売買シミュレーション結果まとめFX自動売買を運用する時ってなんとなく設定をしていませんか? 設定内容にもよりますが、基本的にFX自動売買は長期投資が前提となるた...

今回のシミュレーション以外にもATRという指数を使って利幅を求める方法もあります。

あわせて読みたい
アイキャッチ
【超おすすめ!?】ATRを参考にFX自動売買の最適な利幅を求めてみるどうもこんにちは!おすし(@osushiyo_osushi)です。 今回はATRと呼ばれる指数を使ってFX自動売買の最適な利幅を求...

最適な利幅で不労所得生活を目指しましょう!

グッドラック